ページの先頭です

トップページ > 変形性腰椎症について

変形性腰椎症について

変形性腰椎症

  • 腰の骨が変形している
  • 腰の骨と骨の間が狭くなってる

などを変形性腰椎症といいます。

腰に痛みがある人で一番多い診断名だと思います。
確かにレントゲンなどの検査では変形していたり、骨と骨の間が狭くなっているのですが、それが腰痛を発症させる原因にはなりません。
まったく腰痛がない人でも、腰の骨が変形したり、骨と骨の間が狭くなっている人もいます。

変形性腰椎症は治るの?

このような方も腰ではない部位に原因があります。
体全体の筋肉と骨格の調整をすることにより、必ず腰痛はなくなり、腰痛がでない体になっていきます。

長年、腰痛で悩まされている人も
あきらめずに、ご相談ください。

029-232-0010

メールでのお問い合わせ