ページの先頭です

トップページ > 脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症について

脊柱管狭窄症とは、脳からでてる太い神経が、背骨にある脊柱管というトンネルの中を通って、腰の下までいくのですが、この脊柱管が狭くなってしまい、神経を圧迫している状態のことをいいます。

脊柱管狭窄症

  • 真っ直ぐ立つと足にしびれ、痛みがでる
  • 少し歩くとしびれ痛みが出て、休むと消える。がまた少し歩くとしびれ、痛みが出てくる

脊柱管狭窄症は治るの?

当院では、全身の骨格と筋肉の調整で神経の流れを良くし、症状を無くしていきます。

特に、脊柱管狭窄症では、首周辺の筋肉が重要です。
首周辺の筋肉をしっかりゆるめることにより、腰や股関節の動きが良くなり、症状が消えていきます。

その他の部位ももちろん施術しなければいけませんので、全身しっかり施術することが必要ですし、施術をすれば良くなります。

脊柱管狭窄症も、あきらめないでください。

当院の施術で脊柱管狭窄症の症状が無くなる方もたくさんいらっしゃいます。
是非、お電話ください。

029-232-0010

メールでのお問い合わせ