ページの先頭です

トップページ > 坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経痛といっても、症状は人それぞれです。
なかには、「これが坐骨神経痛?」というのもあります。

坐骨神経痛

  • お尻が痛い・しびれる
  • 足が痛い・しびれる
  • 足の指だけしびれる
  • 座っていると、お尻から足・お尻だけ・足だけが痛くなったりしびれる
  • 足を床につけるだけで痛い
  • お尻から足にかけて筋肉がつっぱる

多くはこんな症状ですが、症状のでる部位も人によって様々です。
「お尻だけ」「お尻と足の指」「ふくらはぎだけ」など、お尻から足の指までの間で、いろいろなパターンがあります。

なぜ、坐骨神経痛がでてくるの?

神経

坐骨神経は、体の中で最も太く長い神経です。その坐骨神経が腰からでて、足先まで走行するまでの間に、神経が圧迫をうけます。そうすると、坐骨神経痛が発症します。
圧迫をうける部位は、人によって違ってきます。しかし、それを探して解放していくのが、あいのて治療院の得意とすることです。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症は治るの?

坐骨神経痛が発症し、病院へ行き検査をした結果、ほとんどの人が「ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」と診断されます。
そして、痛み止めの薬、けん引、ブロック注射などの治療を行います。
しかし、その様な治療で改善しない方が多いです。
当院にも、「病院に通院したけど治らない・・・」そう言って来院される方がほとんどです。

なぜ、改善しないのか?

それはズバリ、「ヘルニア」や「狭窄症」が原因では無いからです。
なかには、「ヘルニア」や「狭窄症」が本当に原因の人もいますが、わずかな人数です。
大多数は、坐骨神経の圧迫が原因です。腰にへルニアがあっても、坐骨神経痛が発症していない人がすごく多いのが現実です。
だから、病院で「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」と診断されても、あきらめないで相談してください。

029-232-0010

メールでのお問い合わせ